世界に誇れる日本の歯科業界にする!

一般社団法人 日本歯科人財開発アカデミー

    お問い合わせはこちらへ
03-5615-8421

オフィスウェーブ
日本歯科プロアシスタントスクール推薦の声

院長の声

オフィスウエーブの人財能力開発セミナーを受けて・・

札幌市  さいわいデンタルクリニック 院長 谷口正昭先生

 

 

うちのスタッフは、オフィスウエーブの教育を受けて

まさしく人材が人財となり、今ではクリニックの宝物です

当医院の推移をご覧ください

 

技術系セミナーに参加して新しい技術を身につけても、その技術を活用できるのはごく限られた症例のみです。しかし、医院の顔である受付や患者様にもっとも近い立場の歯科助手を育てることは医院の雰囲気すべてを好転させる効果があります。

受付が変われば医院が変わります。

歯科助手が変われば医院が変わります。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

チーフが育つと医院が変わる。オフィスウェーブの学びのステップ

2011年 4,500万円 
2012
年 5,000万円 (前年比 111,1%)
2013
年 6,000万円 (前年比 120,0% / 開業初年度比 133.3%)
2014
年 6,500万円 (前年比 108,3% / 開業初年度比 144.4%)
2015
年 7,200万円 (前年比 110,7% / 開業初年度比 160.0%)
2016
 9,000万円(前年比 125,0% / 開業初年度比 200,0%)

そして2017年は大台突破しました!!

この原動力は、勤務医でも歯科衛生士でもありません。

1人の歯科助手がチーフになり、医院を変えました。

院長は孤独です。

 

「患者様のことを考え、スタッフのことを考え、家族のこと、医院のこと…」

色々考えて毎日診療しています。でもスタッフは違う…不平不満ばかり。

院長は孤独です。

でも、本気で院長目線で患者様のことを想い、医院のことを想い行動してくれるスタッフが

いてくれたら幸せだと思いませんか?

 

澤泉仲美子先生のスタッフ人財能力開発プログラムを取得しましょう!

 

私もPASを推薦します

渡辺 豊先生
医療法人ゆたか 理事長

医療法人ゆたか理事長 渡辺 豊先生

みなさん、こんにちは。

岡山市内で開業している渡辺と申します。私はPAS1期生から副校長として受講生の教育に関わる一方、当院の主力スタッフ2名にもPAS1期生、2期生として受講してもらいました。私の講義担当は、院長としての立場からは歯科医院の経営のしくみとしてのキャッシュフローや具体的なマーケティング手法、また人間心理の探求者としての立場からは自分自身とのコミュニケーションのとり方、また相手とのコミュニケーションのあり方などについてです。実際に歯科医院を22年間営んできていまなお拡大する歯科医院長である私からの講義は、受講生にはとても興味深く映るようです。

 さて、この文章を読んでいらっしゃるみなさんは、「はてさて、PASとは一体なんぞや、高額な受講費を払って、診療に穴を開けてまで行かせて、しかも一年に渡って、本当にそれだけの価値があるのか?」といぶかっている方がほとんどだろうと思います。そう思われるのは至極もっとも。当然です。「よくわからんが試しに行かせてみるか」なんて余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)な考えを持てる人なんてそうはいないからです。

そこまでよくわかっている一院長としての私からみなさんにお伝えできることはたったひとつだろうと思います。

PASに通わせた当院のスタッフ2名は、すでに卒業して2年3年経っていますが、その彼女らは本当に結果を出しているのか?、高額な受講費を払って一年間通わせた意味はあったのか?、についてです。

 一言で申し上げれば、その価値は十分にあった、と言えます。

彼女たちの言葉を借ります。

  「言葉のレパートリーが増えました」

  「人の話を聞くことの大切さがわかりました」

  「クレーム対応が怖くなくなりました」

  「自分自分と思って意見を通してきましたが、意識を相手に向けることができるようになりまし   た」

  「今の私のテーマは節約です。昨年よりも物品の購入額は50万円以上減っています」

  「卒業してからが実践でした。患者さんの気持ちを聞く力がどんどん増してきている自覚があり   ます」

  「いままでこんなにも深い愛社精神を持ったことはありません」「この医院は“私が作り上げて   きた”と思っています。なのでなによりも大事な場です」

  「給与を支払う側に立ってみることができるようになり、勤務時間内に無駄な時間を過ごしてい   ないか、無駄な残業をしていないか、健康維持に努めているか、などをしっかり考えるように   なりました」

   ホームページ改定にあたって、消費者はどんな情報を欲しているかを深く考え、だからなにを   打ち出さねばならないかまで考えることができた結果、新患のみならず、求人にしてもとても   いい人が応募してくるようになった」

  「外部からの営業電話ひとつさえマーケティングになりうるのだ、という視点で電話応対をする   ようになった」

 

一年間のPASの学びは「楽しい特訓」です。「助手イズム」が培われます。通学中に即結果が出るような手法的な学びもありますが、卒後さらに年を経ることでここでの学びは深く浸透していき、彼女らの糧となり、ひいては医院への大きな貢献になっていきます。

PAS参加の意思表示まではさまざまなハードルがあるでしょうが、ぜひそれらを乗り越え、スタッフさんを受講させてほしいと思います。必ずや先生のお役に、そして医院のお役に立つ、プロ根性の座った歯科助手が誕生することをお約束します。

お電話でのお問合せはこちら

03-5615-8421

受付時間:10:00~19:00( 土・日・祝を除く)
事務局長:熊倉 由行